匠の技にふれ、こだわり産品に出会う。

【桜まつりの楽しみ方 その1】ものづくり体験①

「吉野・三茶屋 桜まつり」の開催まで、あと4日。三茶屋スタッフも着々と準備を進めています。その「桜まつり」をより楽しんでいただこうと、今日からおすすめ情報をブログに掲載していきます。
第1弾は、やはり工房さんによる「ものづくり体験教室」について。
7日、8日の両日にわたり、さまざまな工房街道の作家さんによるプログラムが登場します。
一閑張体験(ミニかごづくり).jpg
8日に登場する奈良一閑張の「ミニかごづくり体験」(60分〜、2,000円)は、女性にめちゃめちゃ人気のプログラム。和装だけでなく洋装にも似合う和テイストのかごバックを自分好みにつくることができます。

また和紙漉き体験が今回、何と500円(通常1200円)でできちゃいます。それも桜の形をしたはがきなので、吉野山に来た想い出が自分でつくることができますよ(別途:郵送料100円必要)。
担当の植和紙工房の植貞男さんは「もっと気軽に伝統の吉野の手漉き和紙に触れてほしい」と今回のイベントに合わせ、企画してくれました。和紙漉き体験、ぜひこの機会お見逃しなく。
ちなみに植和紙工房の体験日は、8日10時〜16時までです。

この記事へコメントする

Contact Form

トラックバック

この記事のトラックバック Ping-URL
http://www.koubou-kaidou.jp/cms/mt-tb.cgi/281