匠の技にふれ、こだわり産品に出会う。

【メディア掲載】「まほろびすと」に和紙の御朱印帳

まほろびすと第2号(2012.04.25).jpg
最近、ひそかなブームになっている「ご朱印巡り」。
歴史を切り口に奈良の魅力を紹介する季刊誌「まほろびすと」の最新号(4月25日発売)に、特集されています。
奈良県内の神社やお寺の個性ある御朱印帳はどれも魅力的。
そのなかで、植和紙工房さんの吉野手漉き和紙でつくった御朱印帳が紹介されています。
吉野手漉き和紙は、何百年は、いえ1000年以上持つことのできる和紙として、文化財の修復保存などでも活用されていて、まさしく御朱印帳にはうってつけ。
その御朱印帳ですが、5月1日から開催する高取での「工房街道作家展」に登場します。手づくりならではの温もりをぜひ、感じてください。
まほろびすとさん、ご紹介、ありがとうございました。

この記事へコメントする

Contact Form

トラックバック

この記事のトラックバック Ping-URL
http://www.koubou-kaidou.jp/cms/mt-tb.cgi/295