匠の技にふれ、こだわり産品に出会う。

今年は「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されて10周年。それを記念して「第4回吉野権現能」が、10月31日(金)、吉野町吉野山の金峯山寺蔵王堂内で行われます。吉野権現能とは、蔵王堂に祀られる金剛蔵王権現に奉納する能のこと。本堂内と限られた場所で演じられるため、100名限定のスペシャル企画です。今回の演目は、観世流能「二人静」。演者は、シテ 大月文藏ツレ 大月裕一ワキ 福王茂十郎観能券の申し... (続きを読む)

2014-08-16 更新||コメント(0)トラックバック(0)

猛烈な雨風をもたらした台風11号が過ぎ去りましたが、まだまだ川遊びは危険信号です。吉野町を流れる「吉野川」は、手軽に川遊びができる清流として、毎年、京阪神からたくさんの観光客が訪れます。特にお盆シーズンは、満杯。今年も、吉野で川遊び!と検討していた人も多いと思いますが、台風の影響で、川の水は増量し、白濁色です。安定するまで、しばらく時間がかかりそうです。川は見かけによらず、こわいものです。お出かけ... (続きを読む)

2014-08-13 更新||コメント(0)トラックバック(0)

吉野に来たら、ぜひ食べてほしいのが、道の駅吉野路大淀iセンターにある「番茶ソフトクリーム」。地元の大淀町で生産されている「吉野大淀日干番茶(よしの おおよど にっかん ばんちゃ)」を使ったご当地ソフトクリームです。日干番茶は、江戸時代の前から大淀町の中増地区で生産が始まったもので、摘み取った茶葉を蒸した後、揉まずに太陽の下で2日間干す、昔ながらの手仕事によるお茶です。この茶葉の最高クラスのものを粉... (続きを読む)

2014-08-10 更新||コメント(0)トラックバック(0)

修験道の総本山、金峯山寺蔵王堂のご本尊様「金剛蔵王大権現」3体(重要文化財)が、11月1日から1カ月にわたってご開帳されます。日本最大の秘仏ともいわれる「金剛蔵王大権現」は、今から1300年以上も前に、役行者(えんのぎょうじゃ)が、金峯山の山上ヶ岳で1000日の修行に入ったときに、感得された権現仏。権現とは、権(仮り)に現われるという意味で、本地仏の釈迦如来(過去世)、千手観音(現在世)、弥勒菩薩... (続きを読む)

2014-08-09 更新||コメント(0)トラックバック(0)

大淀町は「桧垣本猿楽座」の発祥の地。囃子方の笛方、太鼓方の芸祖であったといわれ、能楽の発展に大きく関わっていると伝えられています。この町では、能楽に親しんでもらえるようにと、毎年、「能楽座 大淀町公演」を開き、ワークショップを通じて能や狂言への理解を深めています。今年は8月30日(土)、大淀町文化会館あらかしホールで開催されます。今回の演目は、狂言「棒縛」能「安宅  勧進帳 酌掛之伝」どちらも初心... (続きを読む)

2014-08-05 更新||コメント(0)トラックバック(0)